タトゥーの部位(場所)

全身(総身彫り)

刺青用語では『どんぶり』とも呼ばれ、首の下辺りから手首、足首まで入っている状態です。
まずは小さなサイズのワンポイントなどから彫る事が多いので
初めから一つのデザインで彫り始める事は中々難しいです。
タトゥーの極みかと思います。

背中

自分では鏡や写真などでしか確認する事が出来ませんが、面積が大きいのでダイナミックで動きのあるデザインなどを彫る事が出来ます。
腰までで終わるデザインや、お尻の下までくるものなどがあります。

腕の上部や下部、肘の部分などにワンポイントで入れる事も多いですが、少し大きなタトゥーだと始まりは肩からか、または胸から続けてデザインするかの違いがあり、終わりの部分も五部(肘辺りまで)や七部(肘から手首の間辺りまで)と言った違いもあります。

TATTOO ガイド