マウイのタトゥーコスチュームは人種差別?

11月23日からアメリカで公開が予定されているディズニー映画「モアナと伝説の海」があります。
ディズニー映画「モアナと伝説の海」ヒロインモアナと全身タトゥーのマウイ
日本では2017年3月10日から上映されるこの3Dアニメーションは海に選ばれた「モアナ」と言う少女モアナが、全身がポリネシアンタトゥーの半神マウイらと共に伝説の島を探す航海に出る物語です。
ディズニーが販売中止した「モアナと伝説の海」の登場人物マウイの全身タトゥーのコスチューム1
この映画の宣伝をかねてハロウィン用に、着るだけでマウイになれる子供用のコスチュームをディスニーが販売し始めたのですが、クレームが入り販売中止となりました。
コスチュームは褐色の肌にポリネシアンタトゥーが入り、草の腰巻きに骨で出来たネックレスも付いています。
少し綿も入っているのか、着るだけでマッチョにもなれます。
問題は違う人種の肌の色を子供が着るのはどうかと思うと言う意見が出たからだそうです。
黒人ではない人が顔を黒く塗ってパフォーマンスをする「Blackface」が人種差別だとして問題視されています。
ラッツ&スターの顔の黒塗りとBlackface
日本ではラッツ&スターがする黒塗りメイクは普通に受け入れられていますが、本人たちは黒人に対するリスペクトだと思っていても、バカにされたと感じる人たちもいます。
半神マウイのコスチュームも「Blackface」と同じように、バカにしていると感じる人々がいます。
配慮が欠けていると思うでしょう。
日本では現在、温泉施設などのタトゥー規制や彫師の免許問題などがあります。
2017年に公開されるディズニー映画のマウイのタトゥーを日本人はどう捉えるのでしょうか?
沢山の子供たちが楽しんで見るでしょうし、大人たちはそれをどの様に子供たちに話すのでしょうか?
タトゥーを自然に受け入れられる日本になっていけば良いですね。