Tattooが1年で消える?!

タトゥーを入れたい、入れてみたいと言う人は年々増えています。
実際に入れた人も増えています。
ですが、入れない人も多くいます。
Tattooが1年で消える?!
入れない理由としては「一生肌に残るものだから」と言った理由もあります。
タトゥーシールが流行っている事を考えると、一生のものでなければ入れたい人がもっといると言う事です。
タトゥー除去にはお金も時間も、そしてかなりの痛みも伴います。
そこで開発されたのが、一年で消えるタトゥーインクです。
1年で消えるタトゥーインクの開発者達
ニューヨーク大学出身のエンジニア達が開発したこのインクと従来のインクとの違いは色素分子の大きさです。
本来人間の免疫システムは体内に取り込まれた異物を取り除くようになっていますが、
従来のインクの色素分子は大きすぎて取り除かれず皮膚の中に残ります。
新しく開発中のタトゥーインクはこの色素分子を小さくし、さらにカプセルの様な構造の中に閉じ込める事で
1年と言う微妙な期間を肌に残るようにしている様です。
現在はまだ実用レベルではないようですが、数年の内には商品として発売されるとの事です。
アートメイクは数年で消えると言われていますが、まだらに消えたり問題も多いと言われます。
新しいタトゥーインクは同時期に彫ったエリア全ての色が綺麗に消えるのであれば需要も増えそうですが、
まだらになってしまうのであればその方が美しく見えないですよね。
このインクが販売されればタトゥー業界も新しく変わっていくのでしょう。
どの様に変わるのか、楽しみです。